免許取得の旅

  • 2016/4/13
image1 (3)

お店の引っ越しも済んで落ち着いてきたので、前から欲しかった運転免許を取りに。

まずはアヤラの日本領事館で運転免許証を英語に翻訳してもらいます。
Keppel Centerの7階に領事館はあります。
ダウンロード

受付は午前8:40~12:30まで。
パスポートと日本の運転免許証を渡して、「セブの免許ほしいです」と言うと申込書がもらえます。
発行は2営業日後とのことで、後日もらいに行きます。

 

受け取りの時間は午後2:00~4:30まで
翻訳してもらった免許証をLTO(セブの陸運局的なところ)へ向かいます。
本来はそのままセブシティのLTOで免許取得できるようですが、僕は時間がなかったのでまた後日行くことに。

後日、領事館からの書類でマクタンでも免許取得できるようなことが記載されていたのでラプラプのLTOへ。
image1 (3)

まずはドラックチェックとメディカルチェックを受けます。

image1 (2)

場所はLTOのすぐ近くにあります。

本来は身長、体重、問診、視力検査、尿検査等々あるようですが、

image2 (2)

このおばちゃん(ドクター)がいろいろ面倒みてくれて尿検査のみでOKでした。
所要時間5分くらい!
料金は400ペソ
ありがとうおばちゃん!
image2 (1)
あと免許申請用にコピーを5枚くらい取ります。

書類をまとめて、さっきのおばちゃんにも同行してもらい、免許申請へ!!

 

ところが、ラプラプでは外国人の免許は発行できないとのこと、、、、、

おばちゃんから「セブシティのLTOに行きなさい」とアドバイスをいただいて、
いざセブシティへ!!!

 

 

結果は・・・・

免許取得できませんでした笑!!!
書類は問題なかったようですが、去年の10月に外国人が免許を取得する際の追加の条項ができたようで、
申請日から1年以上セブにいる証明が必要みたいです(-.-)

僕も入念な下調べをして免許取得に挑みましたが、急にコロコロ法律が変わるのがフィリピン。

書類を集めて再度挑戦します!!

 

うっぷん晴らすためにeモールでお買い物

セブシティのLTOからは徒歩2分で着きます。

image2 (4)

ここは服、時計、靴、小物などすべてとにかく安い!!

image2 (5)

外の露店もめちゃ安い!!
同じようなものを売っているので、一番安いところを探しましょう!

ただ、ここに置いているのはほとんど偽物なのでそのつもりで!

 

KAZU

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

お問い合せ

新着ブログ

  1. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    みなさんいつもブログを見ていただきありがとうございます! SEALION フミヤです☺ &nb…
換金レート
円→ペソ ペソ→円
ページ上部へ戻る
スマートフォン版